誕生日プレゼントに、嫁さんからオーダーメイドのブックカバーを贈ってもらった。

群馬・館林の革製品を扱うお店。

誕生日は3月なのだが、確か1月頃にオーダーして3月には間に合わないと言われたんだよな。

5月の連休も過ぎて、心配になって一度電話して、それから1ヶ月後くらいで仕上がって、手元に届いた。

そんな経緯で債務整理を始めた、ブックカバー。

そうこうしているうちに、息子が誕生して、なかなかお手入れしに行けない期間が続いてしまった。

すっかり指の跡がついて、使用感が出てきたカバー。

オイルアップしてもらい、艶やかな表情。

長く使えて、変化も楽しめる。

これからもずっと、素敵な物語で私を楽しませてくれる。

いまや、“愛用”のブックカバーさ。