「そもそも金を借りなければいい」という発言があるね。予想通りというか。感情論で言えば分からないでもないが、社会制度の問題としてはそうはいかない。そこが分からない人が増えすぎちゃって、今の日本はおかしなことになっている。

たしかに多重債務に陥るような人の中には、お金にだらしない人もいる(そうじゃない人も少なからずいることも分かっておいてほしいけど)。でも、じゃあだらしないからと言って違法なやり口の犠牲になってもいいなんて話にはならないんだけどね。カモにするのが誰であれ、違法は違法なんだから。まずはそこをちゃんと対処しないといけないわけ。だらしなくても適法範囲内での行動であれば、その人が違法な手口の犠牲になってもいい、なんて話になるのはおかしい。それは無法者を放置しておけ、という話になってしまう。それはおかしいでしょ。

「借金する奴が悪い」という話に持っていく人って、結局自分の中で「こうあるべき」という社会像がなくて、ただ単に誰かを叩きたいだけなんだよな。